ブルーベリーの目に効能な効果とココナッツオイル効果:健康創造食品

含まれる成分の効果

ラズベリーとブラックベリーをミックスして栽培されたボイセンベリーは、濃い紫色をしていて酸味があり甘酸っぱい味をしています。生産量の多いニュージーランドでは、ボイセンベリーがとても傷みやすいという特徴から、ジュースやジャムとして加工が加えられ販売されています。ボイセンベリーの成分の中には、アントシアニンの成分が含まれています。アントシアニンは、目に優れた働きをするため、目の疲労や目のかすみなどの症状を改善・予防をしてくれます。ボイセンベリーは、目に良い機能だけではなく、ビタミンAやビタミンC、カルシウム、葉酸、鉄分などが含まれていることから、皮膚にも効果があり肌荒れや乾燥、美白効果、貧血、骨粗しょう症、綺麗な髪質を育てる効果など様々な効果が期待でき、女性に人気のある食材なのです。

ボイセンベリーの成分には、身体に良い成分が多く含まれていますが、その中でもエラグ酸は一番注目されている成分です。エラグ酸には抗酸化作用がありますが、ブルーベリーの300倍の抗酸化があります。そのため、そばかすやシミとなってしまうチロシナーゼの活性化を抑えてくれる効果があります。歳を重ねるごとに気になるそばかすやシミは多くの女性の悩みでもあるため、大人を中心に人気の高い食材なのです。また、エラグ酸はそばかすやシミに効果があるだけではなく、美白効果も期待される他に、風邪やウイルスなどの体を守ってくれる効果があります。ボイセンベリーは、ゼリーや100%のジュースとして販売されているため、スーパーなどで気軽に買い求めることができ、アイスクリームやヨーグルトと一緒に食べることで美味しく体内に摂り入れることが出来ます。